なぜ虫歯になる?原因は?

小さい子供から大人まで、虫歯の悩みは付きものです。
そもそも、毎日3回きちんと歯磨きしているのに、なぜ虫歯って出来るのでしょうか?
まず虫歯は、口の中に、糖分(ショ糖)と虫歯菌が存在して、歯に定着し、破壊してしまうことで虫歯になります。
しかしながら、虫歯菌と糖分は常に口の中に存在しています。
なので、いつでも虫歯になりやすい環境ではあるのです。
もちろん、虫歯菌の数は少ないに超したことはないですし、甘い物も出来るだけ控えた方がいいでしょう。
リスクが低くなります。
予防のためには、毎日の食べた後の歯磨きが大切です。
ただし、きちんとやっているつもりでも、歯の隙間や歯の裏側は磨き残しになることも多いです。
歯石が出来てしまうと、歯磨きも予防になりにくくなってしまいます。
歯石にはたくさんの細菌が付着しているからです。
しかも、自分ではなかなか取れません。
それと、口の中が乾燥しやすい人は、唾液量が足りていないことになりますが、唾液には殺菌作用があります。
なので、唾液の少ない人も虫歯になりやすいと言えます。
何度も食べたり、時間をかけてだらだら食べるのもよくありません。
鼻が詰まりがちで、口呼吸の多い人もいますが、当然、虫歯のリスクは高まります。

一度、歯科に行って歯磨き指導を受けてみましょう。
歯磨きのやり方を見直してもらってください。
また、歯石が出来てしまったら、なるべく早く歯科で取ってもらいましょう。
日頃から出来るだけ虫歯菌を取り除き、糖分を除去して、口の中を清潔に保つことが虫歯予防に繋がります。